からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

簡単常備肉!鶏むね肉でしっとり鶏ハム 低フォドマップ

皮付き鶏むね肉でしっとり鶏ハム 低フォドマップな簡単常備肉

 

お肉を使った料理、我が家でも頻繁に食卓に並びます。

 

今回は 皮付き鶏むね肉でしっとり鶏ハム  を作りました。

こちらのレシピを参照しています↓

即席!しっとりジューシー鶏ハムの人気レシピ・作り方 | 素人の味から今日で卒業、家庭で作れるプロの絶品レシピ! ゼクシィキッチンでかんたん・おいしい

 

私の低フォドマップ食導入期のメニュー用にアレンジしました。

材料は皮付き鶏むね肉と塩だけを使用しています。 

 

f:id:SunukoLisbon:20190219093437j:image

 

別途用意するものはラップと輪ゴムだけ。

縛ってお湯に入れて放置すれば出来上がり、とても簡単で本当にお肉がしっとりします。特に皮がジューシーしっとりで柔らかく美味しく、何枚も食べてしまいそうになります。

 

  

材料

鶏むね肉1枚、塩少々

 

行程

1.大きめにラップを広げ、その上に鶏むね肉1枚を皮を下にしておきます。包丁で横に切れ目を入れて肉の厚さを均一にしました。フォークで穴をあけ、塩少々をふりかけ、スプーンで全体に伸ばし刷り込みます。

f:id:SunukoLisbon:20190218172954j:image

 

 

2.敷いていたラップを持ち、鳥胸肉を下から巻きロール状にしました。先にラップを広げてその上に鶏肉をおくことで手を汚さずにすみました。

 

 

敷いていたラップでそのままくるみ、両端をねじって閉じます。その後、もう一枚の新しいラップで上から巻き、両端をぎゅっとしばり輪ゴムで止めます。

f:id:SunukoLisbon:20190218173046j:image

 

 

3.ここからは参照したレシピとほぼ同様です。鍋に多めの湯を沸かし、沸騰したら火を止めて鶏肉をいれます。再び火をつけてまた泡が出て沸騰したところで火を切り、アルミの落し蓋をします。

f:id:SunukoLisbon:20190218173105j:image

 

アルミの落し蓋をしたその上から鍋の蓋を閉め、30分置いておきます。

f:id:SunukoLisbon:20190218173123j:image

 

4.30分後、鶏肉を鍋から出し、ラップをしたまま皿に置き、熱を取るため5分程放置して少し冷ましました。

f:id:SunukoLisbon:20190218173137j:image

 

5.冷蔵庫に入れてよく冷やします。3時間半程たてば冷たくなりました。冷えた鶏肉ハムを切ると出来上がり。

 

 

 

グツグツ煮ずに、お湯で低温加熱するので柔らかいお肉に仕上がるのでしょうね。

 

冷蔵庫で数日は日持ちするので、お肉を食べたいときに出してそのままパク。ほんのり塩味の手作りジューシーハム、便利で美味しい一品です。

 

コスパの良い鶏むね肉を鍋のお湯に浸けておくだけで簡単にできるので、我が家の常備菜ならぬ常備肉としていつも冷蔵庫にあります。

 

材料は鶏むね肉と塩だけ、低フォドマップ食導入期の作り置き一品にも活躍です!