からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分の体に合うものを見つけて素敵に健康生活です。

クミンパウダーでカレー風味おかず 低フォドマップ&グルテンフリー

クミンパウダーでカレー風味おかず 低フォドマップ&グルテンフリー


カレーを食べたくなること、ときどきありますが、市販のカレールーには様々な材料が含まれています。

小麦粉、玉ねぎ、保存料、などなどいろいろと。


自宅で自分の好きなものだけ入れて、スパイスを混ぜ合わせるところから作ればよいのですが、なかなかハードルが高いです。

美味しく調合するためには試行錯誤と時間もかかりそうで。


でもカレー風味なものが食べたい! ということで使用したのが、クミンパウダーです。

S&B ORGANIC SPICE 有機クミン(パウダー) 22g

S&B ORGANIC SPICE 有機クミン(パウダー) 22g

原材料:有機クミン

カレーに使われるスパイスの一種です。

このクミンパウダーを料理に振りかけるだけで、カレー風味な一品になります。

もちろん様々なスパイス等を調合したカレーとは味の濃厚さが違いますが、クミンパウダーだけでもカレーの香り&風味を味わえます。


原材料はクミンだけです。低フォドマップ的には、よく参照させて頂く宇野コラムに、多くのスパイスは、FODMAPの概念では問題はない、という論文からの考察もありました。 低FODMAP食:米離れによる南アジアにおけるIBS増加 : 宇野コラム Uno column


今日のお昼のおかずはこちら、鶏もも肉のカレー風味焼きです。

時間も無く急いでいたので、塩、コショウ、クミンパウダー、を混ぜたものを、カット済み鶏もも肉を焼いたものに振りかけただけ、という、。よく言えばお手軽な一品です、笑。


ダイニングが東南アジアな&カレーな香りでいっぱいに。普通の焼き鳥とはまた違って美味しいです。


今回は簡単すぎるカレー風味でしたが、時間のあるときにぜひスパイスを調合して自作カレーに挑戦したいと思います。

圧力鍋で野菜や肉を煮込み、その煮汁スープにスパイスを入れれば旨味のあるカレーが出来上がるかな、と想像しています。

挑戦後、またレポートさせていただきます!