からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

酸っぱ甘い柑橘 小夏が美味しい!

酸っぱ甘い柑橘 小夏が美味しい!


今回は酸っぱ甘い柑橘  小夏 についてです。

この小夏という柑橘果物、ご存じでしょうか?

形は真ん丸、色はレモン色、サイズは大きめの温州ミカンぐらいです。


小夏は高知県の特産品なのですが、関西在住の私は高知出身の夫に出会うまで小夏の存在をまったく知りませんでした。

結婚後夫の実家を訪れるようになり、様々な高知の美味しい特産品を知ったのですが、小夏もそのうちの一つです。


小夏という柑橘果物の味は、”爽やかに酸っぱ甘い” という表現がぴったりだと思っています。

レモンのようなみかんのような、不思議なおいしさ!


レモンは酸っぱいのでそのまま果物として食べるには厳しいですが、小夏はレモンのような酸っぱさにすっきりした甘さがちょうどよくブレンドされているような感じです。グレープフルーツとはまた少し違う味です。

夏に食べるとさらに美味しく感じます。高知県の美味しいフルーツに感謝です!


小夏の食べごろは、外から押してみて柔らかくなってきたころが甘味を増しているそうです。

小夏を食べるときは、温州ミカンのように手で皮をむくのではなく、包丁で黄色い外皮の部分だけをむくようにします。

白い甘皮を残すようにすることでより甘味を感じることができるようです。夫の実家で色々とおしえて頂きました。

皮をむいた小夏はざく切りにします。

今日の小夏は置きすぎて甘皮が少し傷んでしまっていたので、傷んだ部分を除去すると普段より白い部分が少し薄くなってしまいました。

甘皮が薄くても美味しい〜!すっきりさっぱりおやつです☆


低フォドマップ的にはどうなのでしょう、気になりますよね。

が、小夏のデータは見つけられなかったので詳しいことは分かりません。


レモンは低フォドマップ、日本の温州みかんは果糖で高フォドマップ、と考えると、小夏はレモンに近く果糖やオリゴ糖は少しだけで低フォドマップよりなのかな~、と個人的に予想しています。

私の場合は小夏を1日に半分食べても特に腸に変化はありませんでした。チャレンジ期に試すとよい果物かもしれませんね。


すっきり爽やかな柑橘、小夏。また高知に行ったときにはたくさん買ってきたいと思います。おすすめ果物です!