からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

アカディ牛乳で乳糖約8割カット

アカディ牛乳で乳糖約8割カット


牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする、私もそのうちの一人です。

自分に合う腸活&低フォドマップを意識し始めてから牛乳は久しく飲んでいなかったのですが、今日はこちらの牛乳を少しだけ飲んでみました。


雪印メグミルクアカディです。

アカディは、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする一因と言われている乳糖を普通牛乳と比較して約8割カットした牛乳です。

乳糖ゼロではないのですが、ラクトースフリーに近い牛乳ですね。


アカディのことは前から知っていたのですが、スーパーなどで見つけることができず、どこに売っているのかな、と気になる存在でした。

先日、関西ローカルなグロッサリーストア、関西スーパーアカディを見つけて購入。


色は普通の牛乳と同じような白色。

お味は、少し薄いような気もしますが、普通の牛乳と特に大きな違いは無いように感じました。普通に美味しく飲めました。


低フォドマップについて普段から参照させて頂いている宇野コラムで乳糖量に関する記事を拝読しました↓

公開質問8:薬の乳糖について

記事によると、一般的に乳糖不耐症では乳糖量4gで症状が出るとされています。

アカディの栄養成分表示では200ml(約コップ一杯)あたり乳糖1.9gと記載があります。


一般的に乳糖不耐症では乳糖量が4gで症状が出るといわれているのならば、アカディ一杯だとセーフ、ということになりますよね。

ちなみに低フォドマップ食導入期は1g以下とのことです。

私は少しづつ飲むか、お料理やお菓子作りの材料として使ってみようと思います。


私が今日飲んでみたアカディの量はほんの少し。

最近思うのは、自分の身体に何がベストなのかは自分で少しずつ試してみて身体に聞いてみることが大事、ということです。

人は一人一人違う、十人十色です。


ところでこのアカディを見つけた関西スーパー、私のお気に入りローカルスーパーです。

以前、欲しい食材が店舗になかったので、お客様の声という問い合わせ用紙に「○○の食材が欲しいので店舗にあると助かります。」と、2種類の食材を記入して提出してみました。

すると翌日電話がかかってきて「ご希望の食材は来週入荷して店舗に置きますので、ぜひ来てください」と案内してくださいました。

「え、そんなに簡単に取り寄せてくださるの?!」と聞くと「お客様に来ていただきたいので!」と。自分の欲しい食材をスーパーに並べてくれるなんて、ありがたいことです。

翌週行くと、本当に2種類とも陳列されていて、うれしい~!


アカディミルクも以前は店舗に無かったので、ひょっとしたらどなたかが希望されたのかもしれません。

地元密着型スーパーの存在はありがたいです。


乳糖8割カットのアカディ、日本国内では貴重な牛乳ですね。

アカディラクトースフリーミルクがもっと普及するといいなと思います☆