からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

沖縄旅行での食事 低フォドマップ&グルテンフリーな外食


スポンサーリンク

休日を利用して沖縄へ家族旅行をしてきました。青い海と南国の雰囲気に癒される旅でした。

食べ物もとても美味しく2拍3日の旅行でたくさんの量を食べました!


低フォドマップ&グルテンフリー的にも考えながら食事をしましたが、旅行中に思ったことは、沖縄で出会う方々みなさんとても楽しい雰囲気!

食べ物について質問すれば気さくに答えてくれますし、調理方法も依頼すれば出来ることはハイハイ~と対応してくださいました。

沖縄には独特の食材が多いのでおもしろいですよね。地方特産の食材について尋ねたり、「このお料理はどんな味ですか~?使っているのは塩だけですか?」など味付けや気になる原材料調味料について質問したり。私も気軽に話しかけて会話を楽しむことができました。


食事はどのようなものをとったか、こんな感じでした。


那覇国際通り第一牧志公設市場で鮮魚

国際通りにある第一牧志公設市場1階では鮮魚や肉などが売られています。1階で自分の好きな食材を選び、2階にある食堂で好きな方法で調理してもらい食べることもできます。

我が家は、鮮魚屋さんでハマダイ(沖縄方言でアカマチ)と沖縄エビを買い、塩焼きを依頼しました。写真左にいる白いフグみたいな魚はハリセンボン。興味はあったのですが、ハリセンボンを食べる勇気が無く、、。ノドグロみたいな感じと言われたハマダイをオーダー。

食堂では白ご飯も一緒に注文しました。脂ののったハマダイと温かい白ご飯が美味しいです!エビもプリッとしていました。

やっぱり焼きたては最高です。


おんなの駅「なかゆくい市場」 で沖縄豚の塩ゆで

ホテルの近くにあった道の駅「なかゆくい市場」。地産のものが売っている道の駅、大好きです。

市場のお土産エリアの中にお惣菜売り場があったのですが、そこで沖縄豚の塩ゆでを購入。原材料は塩と沖縄豚のみ(写真を撮り忘れてしまいました、)。

奥の水産物飲食店で白ご飯だけも販売されていたので、そちらもテイクアウトで購入。柔らかい沖縄豚肉とホカホカ白米で豚丼にになりました。


水産物飲食店では、鮮魚の刺身をのせた海鮮丼も多種あったので、白ご飯と鮮魚でオーダーしてそれらを食べてもよかったなーとも思います。


ルネッサンスリゾートオキナワの朝食

今回はルネッサンスリゾートオキナワというホテルに宿泊。ここは朝食のサービスが寛大で、宿泊者は4つあるレストランのうち3つのレストランを無料で行き来することができます。4つ目のレストランだけ¥1,080の朝食代が必要でした。

海辺のレストランに行ったあと、館内のレストランでまた食べる、その後、お茶をしに他のレストランへ、という朝食のはしごがが楽しめます!


低フォドマップ的によかったレストランはセルフィッシュカフェ。ビュッフェ形式で食べたいものを食べたいだけ楽しめました。

食材素材そのものを焼いたり茹でたりしているので、その後好きなソースをかけて下さい、というおかずも多く、けっこうな種類の食べ物がありました。鰹節などトッピングの具材も豊富でした。


私が食べたのは、

・鯖の塩焼き

・少しの塩味で茹でた鶏ムネ肉(茹でヘチマとパイナップルも上に乗っていました、梅ソースはかけず)

・島豆腐(固めだったので木綿豆腐に近いのかな、と予想)

・温野菜のカボチャ

・他、白ご飯、おかゆ、卵料理、人参など生野菜、油揚げ、かつおぶし、砂糖だけまぶした焼きバナナ、メープルシロップ、バター、まるごと皮つきバナナ(シュガースポットも出てました!)、キウイ、などなど。


ホテルの他のレストランでは、バーベキュービュッフェのレストランで牛肉、卵、塩、コショウだけを使って繋いだハンバーガー用の牛肉が焼かれていたので、それを食べたり、フレンチレストランのエッグステーションでアボカドオムレツを調理してもらったり。

味付けや調理方法を尋ねてみたり依頼すれば、低フォドグルフリな食品、いろいろあるものです。


沖縄はあぐー豚やステーキが普及している食文化なので、町のいたるところにしゃぶしゃぶやステーキレストランがありました。肉や魚類は低フォドグルフリで見つけやすい外食料理ですよね。


沖縄旅行、楽しく美味しく食べながら過ごしました。続きはまた次の記事で記載したいと思います!

www.sunuko-urwhatueat.work

スポンサーリンク