からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

米粉バナナパウンドケーキ(卵牛乳不使用、グルテンフリー&低フォドマップ)


スポンサーリンク

米粉と豆乳でバナナパウンドケーキ

先日知ったイオントップバリュの低糖質豆乳。

この豆乳を使ってスイーツを作りたいと思い、米粉バナナパウンドケーキ作りに励んでみました。

 

低フォドマップなトップバリュの低糖質豆乳についてはこちらです↓

www.sunuko-urwhatueat.work

 

スーパーでも購入できる一般的な米粉 幸田の米の粉 と低糖質豆乳を使い、分量など様子を見ながら何本も焼いてみました。バナナの優しい甘さが美味しく、しっとり焼き上がったバナナパウンドケーキのレシピ、記録しておきます!

 f:id:SunukoLisbon:20190929153157j:image

 

材料

☆焼き型サイズ18×8×6cmを1本分

米粉は幸田の米の粉使用です。

米粉170g

米油30g

豆乳150

米酢5g

ベーキングパウダー7g

きび砂糖20g

バナナ(小さめ1本)60g

 

 

作り方

1.米粉とベーキングパウダーを袋に入れて計量し、1分ほど振って粉類をよく混ぜておきます。BPは小麦粉不使用(ラムフォード)だとグルテンフリーです。

f:id:SunukoLisbon:20191001060244j:image

 

2.バナナはスプーンでつぶしておきます。完全なペースト状ではなく、固まりを残しておいたほうがバナナの存在感のあるケーキになります。

f:id:SunukoLisbon:20190929153305j:image

  

3.ボールに常温の豆乳と油を入れて泡立て器で混ぜます。メレンゲのような細かい泡状の液体になりるまで混ぜます。電動泡立て器で数分です。


f:id:SunukoLisbon:20190929153247j:image

 

4.砂糖を加えてさらに1分ほど泡立て器で混ぜます。

 

5.米酢を加えてさっと数回泡だて器で混ぜます。メレンゲのようにもったりした細かい泡状になります。
f:id:SunukoLisbon:20190930145512j:image

 

6.5のボールに粉類とバナナを加えてゴムベラで全体を混ぜます。ゴムベラからねっとりトロリと落ちるぐらいのなめらかな生地になります。

 f:id:SunukoLisbon:20190929153244j:image

  

7.クッキングシートを敷いた型に出来た生地を流しこみます。

 f:id:SunukoLisbon:20190929153256j:image

 

8.180度に予熱したオーブンで15分焼きます。膨らんできて表面に焼き色が付いてきたらアルミを被せ、さらに190度で40分焼きます。アルミを被せることで米粉表面が固く焼けてしまうのを防ぎます。

 

9.竹串をさしてみてベトっとした生地がくっついてこなければ出来上がり。ご自宅のオーブン加熱具合によって焼き時間など調整してくださいね。

f:id:SunukoLisbon:20190930165314j:image

10.焼き上がったケーキは型から出し、ある程度熱がとれてから切ります。出してすぐ熱いうちに切ると切り口がボロボロになってしまいます。

 

他、注意点は、

・豆乳は冷たいものではなく常温に戻して使います。冷たい豆乳を使ったり、予熱したオーブンが冷えてしまった状態だと中まで焼き上がらないです。

・豆乳と油は細かい泡になるまでしっかり混ぜます。

・冷めるとしっとり感が増しますが、食べる前にレンジやオーブンで温めると再びふんわりします。

 

 

豆乳効果のおかげで米粉でしっとりバナナパウンドケーキを作ることができました。材料もグルテンフリー&低フォドマップなものを使っています。

焼き時間はかかりますが混ぜてオーブンに入れるだけなので比較的簡単なスイーツレシピです。

 

優しい甘さのバナナパウンドケーキで子供のおやつにも最適、私は一度に2本焼いて残ったものは冷凍保存し日々のおやつにしています。

 

今回は幸田の米の粉使用です。1袋500gのものをスーパーなどでも見つけやすいと思います。

  

同じくスーパーで簡単に購入できる一般的な米粉、波里のサクッとお米の粉を使った場合の分量もお試し中。豆乳を少し増やすのがよさそうな様子、またうまく焼きあがった分量が分かれば追記したいと思います☆

スポンサーリンク