からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

懐かしい日本のお菓子 米ポン菓子でグルテンフリー&低フォドマップ  


スポンサーリンク

米ポン菓子でグルテンフリー&低フォドマップ  

今日のお菓子は子供の頃によく食べた 米ポン菓子 です。


原材料は?

米ポン菓子、ほんのり塩甘くサクサクと懐かしい味です。

袋の中でバラバラな部分とくっついて固まりになっている部分とありますが、固まりになっている部分にかぶりつくのが食べ応えがあり好きです。


原材料:米、砂糖、食塩。 

米ポン菓子でも、還元水飴やオリゴ糖、他添加物などが含まれているものもよく見かけますが、こちらはとてもシンプルな原材料でグルテンフリー&低フォドです。


購入した場所

購入したのは「めぐみの郷」。

新鮮野菜など農家さんから直接届く農産物直売所です。


野菜も新鮮だし、美味しいお肉や果物、乾物から瓶詰の日持ちするようなものまで様々なものが販売されており、大好きでよくお買い物に行きます。店舗にもよると思いますが、そばの実や米粉などもあります。

農家さんの直売なので、今回購入した米ポン菓子のようなシンプル加工な食品がけっこうあるのも嬉しいです。道の駅でもシンプルな自然食品をよく見かけますが、似たような感じです。


この米ポン菓子、昔は車で移動販売をしている地域もあったと聞きます。

イメージ、いしや~き~いも~♪、ならぬ、こめ~ぽんがし~こめ~こめ~♪ のような感じなのでしょうか。

夫の実家、高知県の田舎のほうでは今もたまに見かけるとか。

大きな機械に米を入れて、ポンっっっ、と弾かせて作るようです。

移動販売の米ポン菓子車、子供と一緒に見るのもおもしろそうなので我が家近辺にも来てもらいたいものです。


自宅で作る米菓子も

自宅でも米ポン菓子を作りたい、と思ったのですが、やはり専用の機械が無いと難しい様子。

もち米からオカキあられは電子レンジで作れるので、あられはあられでまた作りたいと思います。

おかきあられの作り方は以下の記事に記載しています。

www.sunuko-urwhatueat.work

バリバリおかきやあられと米ポン菓子は食感がやはり違いますよね、それぞれの美味しさがあります。

気分によって使い分け。ポン菓子気分のときはシンプル原材料のサクサク米ポン菓子、今後もめぐみの郷でお世話になります!

www.sunuko-urwhatueat.work

スポンサーリンク