からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

フライパンで手間いらず 蒸し鶏の酢醤油タレ和え


スポンサーリンク

フライパンで手間いらず 蒸し鶏酢醤油タレ和え

コロナウィルスのこともあり、連日自宅に引きこもりです。

家族みなが家にいる&外食も無し、なので自然と料理をする頻度が増えます。

毎日せっせと何かを作る主婦。

平安時代の蘇は作っていませんが。笑。


ここ数日、家族のウケが良くリピートして作っているのが 蒸し鶏酢醤油タレ和え です。

フライパンで蒸して酢醤油タレで和えるだけで簡単な一品。

蒸した肉に酢が効いてさっぱり食べやすいこともあり、皆のお箸がどんどん進む、一度の食事での肉の消費量が普段の倍です。

「美味しいからもっともっと、また作って」と家族からリピート依頼が続いています。


醤油は私のお気に入り、米と食塩だけでできている 米しょうゆ を使いました。

普通の薄口醤油を使っても美味しいと思いますが、米しようゆだとよりあっさり味になると思います。

www.sunuko-urwhatueat.work


今回のおかず、材料はグルテンフリー&低フォドマップです。



材料

鶏モモ肉 1枚

青ネギ 適量

以下☆マークは酢醤油タレの分量です。

☆米酢 小さじ2

☆米しょうゆ 大さじ2

☆砂糖 少々スプーン2

☆鳥の蒸し汁 小さじ2


作り方

1.鶏肉1枚を広げ、暑さが均等になるように切り込みを入れて延ばしておきます。

2.大きめのフライパンに深さ2cmほど水を入れ、火をかけて沸騰させます。

3.パスタ皿などの深みがある皿に肉を乗せて、お湯のはったフライパンに皿を入れます。


フライパンの蓋をして弱火で火が通るまで10分ほど蒸します。


4.蒸している間に酢醤油タレを作っておきます。鶏の蒸し汁以外の☆の材料を混ぜ合わせます。

5.蒸しあがった鶏肉を適当な大きさにカットします。混ぜておいた酢醤油に皿にある鶏の蒸し汁を分量分入れてタレを完成させます。

6.カットした鶏肉にタレを和え、タレごと器に盛り付け、青ネギをかければ出来上がり。



酢醤油でさっぱり美味しい肉!

今回鶏モモ肉で蒸しましたが、モモでもムネでも自宅にあるものでOKです。


肉は焼いても美味しいのですが、焼くと脂が焼けた匂いが充満して、時には食べる前から胃が重々しく感じることもあります。

蒸すと脂の匂いもありません。

そこにさっぱりと酢が効くので更に食欲をそそるのか、肉であることを忘れてかなりの量をパクパクモグモグ。

酢の効果を実感です。


3歳児に酢は酸っぱいから食べないかも、と思いましたが、大外れ。3歳でも酢醤油は美味しかったようで大人用に作ったものまで食べてしまいました。


蒸し器が無くてもフライパンとパスタ皿で蒸し器の代わりに!普段使っている調理器具でいつもどおりの感覚でさくっと調理です。

自宅にひきこもりの日々、ストレスをためないようにしながら、食事の時間は美味しいものを食べて気分よく過ごしたいですね☆


お鍋で鶏ハムも低温でじっくり火を通してしっとり美味しいです。レシピは以下の記事にまとめています。

www.sunuko-urwhatueat.work

自宅で上手に時間を過ごせるよう、子供と一緒に作るおやつの記事もよかったらごらんください。

www.sunuko-urwhatueat.work

www.sunuko-urwhatueat.work