からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

自宅で簡単に!米粉でたこ焼きパーティー


スポンサーリンク

自宅で簡単に!米粉でたこ焼きパーティー

外出自粛で引き続き自宅に引きこもる日々です。

本来なら幼稚園に行くはずの子供の相手をし続けているので、自分時間はほぼなく、疲れもたまります。。

あれができない、これもできない、と考えがちですが、今はこういう時期なのだ、と気を取り直して今の時間を気分よく過ごしたいと思います。


で、先日からはまっているのが家族で自宅たこ焼きパーティ!

シンプルな食材で特別美味しい料理というわけでもないのに、なぜかクルクル回しながら真ん丸にして食べるだけで子供も盛り上がり大喜びです。


材料(25個ほど)

米粉   160g

そば粉(無ければ米粉190gでもOK)  30g

卵  1個

けずり粉(粉末かつお節)  大さじ3

水(削り節が無ければだし汁で)  400㏄

ゆでだこ、青ネギなどお好きな具  適量


作り方

1.中の具以外の材料を全部混ぜて溶き生地の液を作ります。水っぽいぐらいのトロっとした液です。

2.熱して油をひいたタコ焼き器にあふれるぐらい多めに流し込み、好きな具材を入れます。

3.外側がパリパリしてきたらあふれた生地を中に押し込み、ひっくり返します。液がたりなければひっくり返しながら流し込んで真ん丸の形にします。クルクル回して火を通せば出来上がりです。


我が家の好きな具材は、たこ、チーズ、青ネギ。

たこ焼き生地の液には、少しそば粉を入れるとトロみと重厚感が増した生地になり好きです。

そば粉が無いときは米粉と卵だけでも柔らかく軽い感じの生地で美味しく作れました!今回は幸田の米の粉使用です。

生地にマヨネーズを少し入れて味付きにするのも美味しいです。


出来上がった後にかけるソース、小麦不使用の甘めソースについては以下の記事に記載しているのでよかったらごらんくださいね。

www.sunuko-urwhatueat.work


ずっと関西に住んでいるのに、結婚後はたこ焼き器無しで過ごしてきた我が家。

今回の引きこもりもきっかけになり、たこ焼き器を購入しましたが、やっぱり買ってよかったです。

ダイニングテーブルの真ん中に置いて皆でつつくのが楽しいですよね!


トフィの電気グリル鍋でたこ焼き&二色鍋

今回たこ焼き器が欲しくて購入したのは、こちらのトフィの電気グリル鍋です。

トフィの電気グリル鍋した理由は、たこ焼き器 兼 二色鍋の利用 ができるからです。


鍋として利用する際、写真のように真ん中に小さい内鍋を設置して二種類の味を楽しめます。

低フォド&グルテンフリーなど食材にこだわりたいときに、他家族と一緒にまとめて鍋ができる、良さそう!と思い購入しました。


大鍋と内鍋の構造はどうなっているの、くっついているのかな?と思っていましたが、完全分離で内鍋を大鍋に乗せるだけの仕組みでした。

近いうちに二色鍋な食事もしてみたいと思います。


もう少し暖かくなれば庭先でたこ焼きパーティをするのも楽しいかな!

日々の食事も楽しみながら巣ごもり生活を豊かなものにしたいですね☆

www.sunuko-urwhatueat.work

www.sunuko-urwhatueat.work