からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした自然食、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

手作りコーンスープ☆豆乳とミキサーで簡単に!


スポンサーリンク

手作りコーンスープ☆豆乳とミキサーで簡単に!

先日、子供が幼稚園から、

とうもろこし を持って帰ってきてくれました。


幼稚園の畑にできたもので

収穫したてです!

早速コーンスープにして頂きました。

f:id:SunukoLisbon:20210708124737j:plain:w350

獲れたてコーンと豆乳のシンプル材料。

コーンの甘味がしっかり感じられる自然派スープになりました。



ミキサーがあれば簡単

コーンスープを自分で作るのは、

手間がかかりそうなイメージです。

作ってみましたが、意外にすぐできました。

ミキサーさえあれば簡単です。


茹でたコーンから粒々を手で取る、

これがちょっとひと手間です。

でも器1杯のスープにコーン4分の1本の量があれば十分美味しかったので、

少量で作ればツブツブ取りも苦になりません。

f:id:SunukoLisbon:20210708124749j:plain:w300

取った粒々と少しの茹で汁を容器に入れミキサーにかけてペースト状にします。

f:id:SunukoLisbon:20210708124754j:plain:w300

我が家では岩谷産業のサイレントミルサーを使っています。

小刻みに数回ガーッとミックスすると、

粒の残りかけらがほとんどなく、かなり滑らかなペーストができました。

ものの1分です。


サイレントミルサーについてはこちらの記事にまとめています。

www.sunuko-urwhatueat.work


できたコーンペーストと無調整豆乳をお皿に入れてスプーンで混ぜて、

少し塩を入れて味を整えれば出来上がりです。

手作りだからこその、素材の甘味スープです。


我が家の4歳児は、とうもろこしの粒々がイヤで、

茹でコーンをそのまま食べません、。

「絶対コーンスープにして!」と

言い張るので即席で作ってみたコーンスープ。

コーンの甘味が美味しかったです。


粒々を少し取れば意外にすぐ出来たので、

残ったコーンでまた作りたいと思います。


とうもろこしの皮も使える

収穫したてのとうもろこしは、皮付きでした。

キレイな皮、処分するのがもったいないな、

乾かしてサスティナブルに使いたいと思います!


広げて窓辺に置いておきます。

f:id:SunukoLisbon:20210708132528j:plain:w300

1日もたてばいい感じに乾きます。

2~3日過ぎればこれぐらいカラッと。

f:id:SunukoLisbon:20210708132531j:plain:w300

畳のイグサに似たような良い香りがします。


頑張れば、これを使ってカゴとか編んだりもできるはずです。

私は、ヒモから、!


三つ編みにしてみました。

f:id:SunukoLisbon:20210708132539j:plain:w300

自然素材なヒモです。


タワシをぶらさげるヒモにしたり、

f:id:SunukoLisbon:20210708132543j:plain:w300

ドライフラワーを吊るしてみたり、

f:id:SunukoLisbon:20210708132546j:plain:w300

三つ編みにした紐で縛るだけ、

かなり丈夫、切れたりすることはなさそうです。

なんだかんだと、ナチュラルなヒモは使えます。

たくさん皮があるので、ヒモ以外にも何か作れないか、後日何か考えてみます。


丸ごととうもろこし、身も皮もありがとう。

また美味しいとうもろこしが手に入ったら、

ミキサーでコーンスープ!

覚えておきたいと思います。