からだ活き活き‐You are what you eat.

グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。食に関するテーマを中心に、自分の体に合うものを見つけて素敵に健康生活です。

手作りモチモチ米粉麺の鶏そぼろゴマ油炒め グルテンフリー&低フォドマップ

手作りモチモチ米粉麺の鶏そぼろゴマ油炒め グルテンフリー&低フォドマップ


グルテンフリー&低フォドマップな食事で腸に優しい日々、今日も食材を使い自分で料理です。


今回は 米粉 を手作りしてみました。

手作りなので添加物無し、米粉、片栗粉、お湯だけを使って作ったモチモチ米粉です!



米粉麺のレシピ

材料(約2人分)

米粉60g、片栗粉10g、熱湯60cc、


作り方

1.粉を混ぜやすいように量るときからビニル袋を使います。秤にビニル袋を広げたボール乗せて、分量分の米粉と片栗粉を入れます。


2.ビニル袋ごと取り出し、手でよく振りながら中の粉を混ぜます。


3.粉をボールに入れ、熱湯を入れます。入れたらすぐに手で粉と熱湯をほぐしながら混ぜます。熱いのでお気を付けて!後にまとめるのでパラパラほぐれるぐらいでも大丈夫です。


4.ヘラやスプーンでボールについた周りの粉を取りながら、手でほぐした粉と一緒に全部集めて固まりにします。


5.クッキングシートを引き、固まりを置いてこねます。手の甲を使って平たくし、丸め込んで棒にし、また平たくする、これを10回ほど繰り返します。最初は粉っぽくこねにくいですが、こねているうちにしっとりしてきます。


6. 2つの固まりに分けてラップでくるみ20分寝かせます。


7.寝かせておいた生地の1つの固まりが12cm×12cmの正方形になるよう麺棒を使ってのばします。 これで大体1人分です。生地は結構固めですので伸ばすのに少し力も要ります。


8.長方形4cm×1.5cmほどの大きさになるよう包丁で切ります。


9. お湯を沸かし、沸騰したら生地を入れ、お湯に泡が出るぐらいの弱中火で4分茹でます。


10.ゆであがったらざるにあげ、冷水で洗い冷やして麺をしめます。

これで茹でた米粉麺が出来上がり。


最初混ぜるときに、熱湯を使いすぐにほぐして混ぜることがポイントです。熱いですが放っておくと固まってしまうので、さっとほぐし混ぜるのがよいです。


多めに作り冷凍保存も可能です。茹でる前の生地麺に少し粉を振り、くっつかないようにしておき、ジップロックに入れて冷凍します。使うときは自然解凍してから茹でます。

分量をそれぞれ倍にして作り置きしても便利ですね。


何度か挑戦し水分量も変えてみましたが、水を入れすぎるとべっとりした麺になるので、固くてこねにくくてもこの分量がベストだと思います。

別で、片栗粉を使わず米粉100%でも作ってみましたが、餅のようになりすぎてしまったので、やはり少しは片栗粉を入れたほうが弾力とコシが出ます。モッチリがお好きな方は米粉100%で作ってもよいですね。


米粉麺と鶏そぼろのごま油炒め

今回は上記レシピで茹でた米粉麺で、中華風鶏そぼろのごま油炒めを作りました↓


材料(2人分)

茹でた米粉麺70g、薄口醤油大さじ1、ごま油大さじ1.5、塩小さじ3分の1、コショウひとつまみ、人参半分、ほうれんそう一束、鶏ミンチ100g、


作り方

1.人参とほうれん草を小さく切り、人参は電子レンジなどで下茹でして柔らかくしておきます。

2.鶏ミンチを炒めます。ごま油少々を加え、ほぐしながら弱火で火をとおします。

3.鶏ミンチに焼き色がついたら、下茹でした人参とほうれん草を加えて軽く炒めます。


4.さっと炒めたら茹でた米粉麺を入れ、残りのごま油大さじ1強、薄口しょうゆ、塩、こしょうを加えて軽くまぜて炒めるとできあがり。


モチモチの米粉麺に中華風ごま油の味が馴染んで美味しいです!


手作りなので無添加、安心して食べられます。

材料も グルテンフリー&低FODMAP食材のみ使用過敏性腸症候群IBSに効果大です。


自作米粉麺、多様できると思うので、次回のグルテンフリー&低フォドマップ食レシピに展開させたいと思います!


低フォドマップ食事法の詳細はこちらをごらんください↓

urwhatueat.hatenadiary.jp