からだ活き活き‐You are what you eat.

素材を活かした食事、グルテンフリー&低フォドマップ食継続中。自分に合う物を美味しく食べて体を元気にするブログ。

簡単!米粉と片栗粉のアンチョビピザ グルテンフリー&低フォドマップ


スポンサーリンク

米粉と片栗粉のアンチョビピザ


以前にカルディで購入した缶詰のアンチョビ。

これを美味しく食べるにはやっぱりピザ!と熱い衝動に駆られ、ここ数日、米粉ピザ作りに没頭していました。


できたアンチョビ米粉ピザがこちら!

濃厚な味のアンチョビとチーズが、ピザソースなど味付け無しの米粉生地とたっぷりのピーマンと合わせると加減がちょうどよくなり、とても美味しいです☆

カルディの缶詰アンチョビについてはこちらの記事でまとめています↓ www.sunuko-urwhatueat.work

シットリモチモチ生地の米粉ピザ。

米粉に対する水分量と焼き方などが分かれば作業自体は簡単。まとめたレシピを見ればOKなので、今後のグルテンフリー低フォドレシピにたくさん活躍してくれそうです!



材料

ピザ生地材料(☆マーク)直径約15cm×3枚分

米粉80g(今回は波里のサクッと米粉を使用)

☆片栗粉20g

☆ベーキングパウダー3g(小麦粉不使用ラムフォードを使えばグルテンフリー)

☆米油(オリーブオイルなどもOK)小さじ2

☆ぬるま湯80cc

トッピング(今回の1枚分グルフリ低フォド材料。お好きなものを適量でどうぞ!)

・ピーマン小さめ1個

・アンチョビ3キレ

・チェダーチーズ15g


作り方

1.米粉、片栗粉、ベーキングパウダーを袋に入れ数十回ほど振ってよく混ぜます。計量時に袋を使えばそのまま振るだけで楽です。


2.混ぜた粉類をボールに移し、米油を加えて混ぜてなじませます。その後、ぬるま湯を加えてさらに手で混ぜます。生地がまとまるように手でこね、にぎると手のこぶしから簡単にはみ出るぐらいの柔らかさになります。


3.3等分します(1つがミニピザ約15cm1枚分)。乾かないようにラップでくるんで15分ほど生地を休めてなじませます。休ませた後、使わない生地は冷凍保存できます。


4.クッキングシートの上で生地を薄くのばします。直径15cmほど、厚さ3mmほどです。


5.生地の円形端の方、トッピングが上に乗らない部分に油を薄く塗っておきます。直接オーブンの熱が当たり米粉がガチガチ固くひび割れるのを和らげてくれます。


6.ピーマン、アンチョビ、チーズなどのトッピングをピザ生地表面が隠れるように乗せます。


7.180度に予熱したオーブンで13分~15分焼くとできあがり。 焼き時間はオーブンの熱具合をみて調節してください。


今回は波里サクッと米粉80gでぬるま湯80㏄ですが、米粉により水分量は調整が必要です。パン用米粉ミズホチカラは60㏄がちょうどよかったです。

ベトっとなりすぎないように、こねられるぐらいの柔らかさで水はストップです。


焼き上がりは、生地端のオーブン熱が直接当たる部分はカリッパリっと、トッピング下の部分はシットリモチモチ生地になります。

小麦粉のピザとは、また食感が違いますが、この米粉ピザ、美味しい!アンチョビチーズも美味しい〜!

子供用にバナナと下茹でしたカボチャを乗せて焼きましたが、これも甘くて美味しいです。焼きバナナピザが好評で良いオヤツになりました。


米粉と片栗粉で簡単ピザ。今回もグルテンフリー&低フォド材料のみ使用です。

シットリモチモチな生地にお好きなトッピングを乗せて食事にもおやつにも、よかったら日々の食事に試してみてくださいね!


今回使用したグルテンフリーなベーキングパウダーと米粉です↓

関連レシピ www.sunuko-urwhatueat.work

スポンサーリンク